●立て板に水

読み(ひらがな)

たていたに みず。

意味

水の流れが勢いよく流れること。それになぞらえて、さらにしゃべるのが上手なことのたとえ。

解説

立てかけた板に水を流すと勢いよく流れていくので、水が流れるように流ちょうに、 次々とよくしゃべることのたとえ。又、単によくしゃべる時のたとえにも使うようです。

重要語の意味

立て板=何か物に立てかけてある板、普通は斜めに立てかける。

いわれ(歴史)と重要度

京都いろはがるた。   源平盛衰記(げんぺいじょうすいき)。   重要度=☆☆☆

スポンサードリンク


[01]