●吝ん坊の柿の種

読み(ひらがな)

しわんぼうの かきのたね。

意味

非常に、けちな人を、遠まわしに、その欠点を指摘し、しかることば。

解説

極度に、けちな人は、ほとんど役に立ちそうもない柿の種でさえも、捨てようとしないで、 大切に持っているということから生まれた句。物惜しみをする人に対して、おしかりの意味があるようで、 物を与えたり、使ったりすることを、いやがるのは、よくないという意味のことばのようです。 また、この句は、「けちん坊の柿の種」とも言うようです。

重要語の意味

吝ん坊=「しわんぼう」と読み、けちん坊。とてもけちな人。物惜しみをする人。 吝=「お」しむ、とも読む。  柿の種=柿の実の中にある堅い種。  物惜しみ=「ものおしみ」と読み、物を与えたり、使ったりすることをいやがること。 

いわれ(歴史)と重要度

京都いろはがるた。   夜話荘治。   重要度=☆☆☆   超古風。

スポンサードリンク


[01]→02


.