●噂をすれば影がさす

読み(ひらがな)

うわさを すれば かげがさす。

意味

人のうわさをしていると、その人がちょうど、そこの場所へ、やってくる場合があるということ。

解説

このことわざは、実際、よくあることでは、ないかと思います。略して、「噂をすれば影」 ともいいます。英語にも似たものがあり、「Talk of the devil and he will appear.」、 という恐いことわざがあるようです。意味=「悪魔の話をすれば悪魔が現れる」となりますので、 良い噂なら問題ないと思いますが、あまり悪い噂は、しないほうがいいようです。

重要語の意味

噂=「うわさ」と読み、@その場に、いない人について身の上話をする。 A確かでない事をあれこれと話をすること。風説。  すれば=している時、または、している少し後の時。  影がさす=「かげがさす」と読み、ある人の気配が感じられる。 この場合は、「その人の姿が見えてくる」。(あまり良い意味では使われないようです)。  影=「かげ」と読み、@ある人やものを間接的にとらえたすがた。人の気配。  さす=姿が現れる。あるものや出来事が現れる。 

いわれ(歴史)と重要度

江戸時代の十返舎一九の滑稽本、東海道中膝栗毛(とうかいどうちゅうひざくりげ)。    重要度=☆☆☆

スポンサードリンク


[01]

【本を読もう】
1日1ページをコツコツ読む方法