●遠きを知りて近きを知らず

読み(ひらがな)

とおきを しりて ちかきを しらず。

意味

他人のことは、よく知っているけれど、自分や、その身近なことについては、わからない、ということ。

解説

見る、聞くということについて考えてみなすと、自分の外の出来事は、比較的、冷静に見たり聞いたりできますが、 自分自身のことを冷静に見たり聞いたりするのは、かなり難しいことと思います。特に自分自身を見るということは、 ほとんど不可能でありますし、自分のしゃべっていることを冷静になって聞くということも、かなり難しいことと思います。 ですから、自分のことより他人のことのほうが、比較的おちついた心で観察することができるので、他人のことが、 よくわかっている、ということではないかと思います。

重要語の意味

遠き=「とおき」と読み、遠いこと。  知る=「しる」と読み、見たり聞いたりしてなにかを理解する。わかる。  近き=「ちかき」と読み、近いこと。  身近=「みじか」と読み、身のまわりのこと。  冷静=「れいせい」と読み、感情などを伴わず比較的おちついていること。  観察=「かんさつ」と読み、物事のなりゆきなどを客観的に見続けること。  客観的=「きゃっかんてき」と読み、だれもが認めることのできるようす。主観的でないようす。 

いわれ(歴史)と重要度

中国古典の淮南子(えなんじ)。   重要度=☆☆☆

スポンサードリンク

知る
04←[05]

.