●お前百までわしゃ九十九まで

読み(ひらがな)

おまえひゃくまで わしゃくじゅうくまで。

意味

夫婦が、いつまでも、仲よく暮らしていきましょうよ、ということ。

解説

結婚したばかりではないかと思われる女性の妻が、夫に対して、言った言葉のようで、 夫の年齢が100才、妻の年齢が、99才になるまで、末長く、仲よく暮らしたいという 願いが、こめられているようです。この後に、「共に白髪の生えるまで(ともにしらがのはえるまで)」 、と続けて言います。結婚したばかりの女性かどうかは、分かりませんが、音吉が、勝手(かって)に、 判断(はんだん)しました。

重要語の意味

お前=妻が夫を呼ぶときに言うことば。古くは、目上の人に対する、 尊敬語(そんけいご)として使った。  百=100才。  わしゃ=「わし」のこと。「わたくし」を短くしたことば。この場合は妻自身。  九十九=99才。  夫婦=「ふうふ」と読み、家庭や子供を作るため、男(夫)と、女(妻)が、 いっしょになり生活を共にする一組の男女こと。 

いわれ(歴史)と重要度

不明。   重要度=☆☆☆

スポンサードリンク

お前
[01]