●人を叩いた夜は寝られぬ

読み(ひらがな)

ひとをたたいたよるは ねられぬ。

意味

善悪のことを考えず、自分の不満を相手に、ぶつけようとして、相手のことをなぐったりした日の夜は、 心が不安になり、なかなか眠れないということ。

解説

衝動的にけんかをして、人をなぐったりしてしまうと、なぐられた人の痛みより、 なぐった人の善への思いから生じる心の痛みのほうが大きい為、悩み苦しんで、眠れなくなってしまうということ。 最近は、「KY」とかいう風潮があり、自分の不満を正直に表す機会も減ってきているかもしれません。

重要語の意味

叩く=「たたく」と読み、人などをなぐること。けんかの相手などをこらしめること。  寝る=夜、体を横にして眠ること。  寝られぬ=眠ることができない。  衝動的=「しょうどうてき」と読み、善悪のことを考えず、とっさに心が動くこと。

いわれ(歴史)と重要度

不明   重要度=☆☆

スポンサードリンク

寝る
01←[02]→03