●夜声八町

読み(ひらがな)

よごえ はっちょう。

意味

夜の声は、遠くのほうまで、聞こえやすいということ。

解説

夜は、まわりが静かなので、小さな声で話をしても、遠くまで聞こえてしまう、 ということのようです。単に、声が聞こえやすいたとえとしても使うようです。 また、これに似たことわざに、「ささやき八町(ささやきはっちょう)」というものがあり、 「内緒の話が遠くまで聞こえて、秘密がもれやすい」という意味のようです。 八町が約870メートルですから、何もないような所では、夜中、普通に話をすれば、 870メートル先まで、話し声が届くかもしれません。

重要語の意味

夜声=「よごえ」と読み、夜の静かな時に話をする声。  八町=「はっちょう」と読み、1町が8つ。約872メートル。  1町=60間(けん)で、約109メートル。  ささやき=ひそひそ話。声をできるだけ小さくして話をすること。  内緒=「ないしょ」と読み、表には出さずに身内だけの秘密のこと。 

いわれ(歴史)と重要度

「ささやき八町」は、毛吹草(けふきぐさ)に載っている。    重要度=☆☆☆

スポンサードリンク

何でも揃ってる


06←[07]→08

.

【ネットで買い物】
ネットショップのやり方を簡単に説明