●聞いて極楽 見て地獄

読み(ひらがな)

きいてごくらく みてじごく。

意味

人から聞いた内容と実際に自分が見たことが、大きく違っていることのたとえ。

解説

人の話によると極楽のように思えることも、実際に見て確かめると地獄のように ひどいことだったということから生まれた句。

重要語の意味

極楽=西の方向のかなたにあると言われている苦しみのない世界。あみだ如来がいる所、極楽浄土とも言う。 いずれも想像上のものと思われる。  地獄=生きている間に悪いことをした者が、死後にその報いとして苦しみの多い所へ行かなくてはならない。 えんま大王が生前の罪の重さを裁き、どういう罰を与えるのかを決める。これも想像上の世界と考えられる。 

いわれ(歴史)と重要度

江戸いろはがるた   重要度=☆☆☆

スポンサードリンク

極楽
[01]