●地獄耳

読み(ひらがな)

じごくみみ。

意味

一度、聞いたことを絶対に忘れないでいること。また、他人の秘密やうわさ話などを すぐに耳に入れ知ってしまう人のたとえ。

解説

誰が悪いことをしているのかを決める地獄では、人の悪業をしっかりと見たり聞いたりしているようです。 地獄では、人間の世界のようすをしっかりと見張り、すぐに悪い話を見つけて知ってしまうようで、 その聞いた話を絶対に忘れないというすごい耳があるようです。また、地獄に1度おちたら2度と戻れないという永沈(ようちん)という言葉から、 1度、話が耳に入れば、2度と外に出ないという意味にかけた言葉でもあるようです。

重要語の意味

地獄=「じごく」と読み、生きている間に悪い事をした人が死んだ後、苦しみを受けるための場所と考えられているもの。  耳=「みみ」と読み、人の話や音などを聞くところ。  耳に入れる=聞いて心の中にとどめる。聞いて何かを知る。  悪業=「あくごう」と読み、悪い行い。  永沈=「ようちん」と読み、浄土双六(じょうどすごろく)という僧侶の遊びで、無間地獄におちること。  無間地獄=「むけんじごく」と読み、阿鼻地獄(あびじごく)の別の言い方。 

いわれ(歴史)と重要度

一休可笑記。   重要度=☆☆☆

スポンサードリンク


03←[04]