●目から鼻へ抜ける

読み(ひらがな)

めから はなへ ぬける。

意味

頭がよくて、言動に抜け目がないこと。

解説

あらゆることをよく理解していて、言うことやすることが、自由自在であるため、何かに対して、すぐに反応し、 適切なことを速く行ってしまうほど賢いことのようです。なぜ、目から入って鼻へ抜けるのか、理由はわかりませんが、 見たものをすぐに自分のものにしてしまい、次の行動を起こすための息を鼻から出すので、このように表現するのではないかと思います。

重要語の意味

目=「め」と読み、人の顔にある部分で、ものを見るところ。  鼻=「はな」と読み、人の顔にある部分で、もののにおいをかいだり息をしたりするところ。  抜ける=「ぬける」と読み、入ったものが外へ出る。  言動=「げんどう」と読み、言うことと行うこと。  抜け目がない=「ぬけめがない」と読み、自分の為にならないことはしないで上手に物事を行うようす。  反応=「はんのう」と読み、外からの働きかけによって起こる動作。 

いわれ(歴史)と重要度

都気質。   毛吹草。     重要度=☆☆   

スポンサードリンク


08←[09]


.