●奥歯に物がはさまる

読み(ひらがな)

おくばに ものが はさまる。

意味

思っていることを率直に言わないため、何か隠しているような言い方のたとえ。

解説

何か気になることがあったり、不愉快を感じている場合などに、思っていることを、 そのままはっきりと言わない為、その人の考えていることがしっかり伝わらず、何か 隠しているような感じを与えてしまうという意味のようです。口の奥歯に、本当は言いたい 言葉がはさまり、そのはさまったものが、しっかり口から出てこない、ということから 生まれたのではないかと思います。「奥歯に衣着せる(おくばにきぬきせる)」とか、 「奥歯に物がはさまったよう」とも言うようです。

重要語の意味

奥歯=「おくば」と読み、口の奥、上下左右にある四角く大きな歯。  物=@具体的でないなにか。Aことば。  はさまる=2つのものの間にはいる。  率直=「そっちょく」と読み、隠し事がなく思っているままのようす。  隠す=@感情などを他人に知られないようにする。A秘密にする。 

いわれ(歴史)と重要度

不明。    重要度=☆☆☆   

スポンサードリンク


[01]