●驥尾に付す

読み(ひらがな)

きびに ふす。

意味

普通の人でも、優れた人について、従っていけば、能力以上のことを することができる、というたとえ。

解説

小さな蝿(はえ)が、一日に飛ぶ距離は、せいぜい知れていますが、驥(き)という 馬は、一日に千里も走るとても優れた馬のことで、この馬のしっぽに、蝿(はえ)が、 くっついていけば、とても飛べそうにない遠い所まで行くことができる、という ことから生まれたことわざのようです。一般に、仕事などで、一緒に何かを する時などに、相手を立てて、自分を謙遜(けんそん)する意味で使うことが 多いようです。

重要語の意味

驥=「き」と読み、1日に千里(約4000キロ)走る優れた馬。 (時速約160Kで走る馬?)。  尾=「び」と読み、しっぽ。動物の後ろの方についているもの。  付す=「ふす」と読み、ふする。主となるものにつき、したがう。  謙遜=「けんそん」と読み、自分を下げ、ひかえめな態度をすること。  史記=「しき」と読み、中国、紀元前100年、前漢の頃の歴史書。 司馬遷(しばせん)が書いた物。 

いわれ(歴史)と重要度

史記(しき)・伯夷伝(はくいでん)。 後漢書(ごかんじょ)。   重要度=☆☆☆   

スポンサードリンク

何でも揃ってる


[01]

【本を読もう】
1日1ページをコツコツ読む方法