●禅シンプル生活のすすめ

読みと(出版社)

ぜん しんぷるせいかつの すすめ。     (三笠書房)。

紹介と感想など

音吉は、禅に少し関心があり、アマゾンで本を探していたら、この本を見つけ以前から気になっていましたので、 読んでみることにしました。サブタイトル「1日ひとつ、すぐにできる 心の洗い方」にあるように、合計100の 項目について、1ページずつ書き下ろされた誰にでもすぐにできる禅の実践書のようなものです。各章は変化を実践する為の 4つのキーワードからなっています。それは「習慣」、「ものの見かた」、「人との関わり方」、「今この瞬間」です。 この本に書かれている全てのことを実践できるかは疑問がありますが、自分にできそうなことを選んで実行してみる ことから始めてみようと思っています。禅寺の住職である著者は、はじめにで、「禅とは人間がこの世で生きていくための根本となる教えです」と 書いています。また、「本書をいつでもそば置いて悩みや不安があった時に、ぜひめくってください」とも書いています。 また、この本では禅で使われている言葉をいくつか上げ、わかりやすく解説していますので禅の考え方を知ることができます。   [総ページ数=221]

印象に残った言葉

掃除。    脚下照顧。    五観の偈。    禅の庭。    怒り。    座禅。    隠遁生活。    無念無想。    喝。    無常観。    気づき。    非思量。    本地垂迹。    夢窓国師。    禍福同源。    悟無好悪。    先祖。    生死事大。   

著者の紹介

枡野俊明(ますのしゅんみょう)
1953年、神奈川県生まれ、曹洞宗徳雄山建功寺住職。 庭園デザイナー。大本山総持寺にて修行。禅の思想と日本の伝統文化に根ざした「禅の庭」という創作活動をしている。

スポンサードリンク

アマゾンの本

禅に関する本


音吉読書録
008←[009]→010

このページは音吉が読んだ本の記録と紹介です。