●イメージ思考読本   

読みと(出版社)

いめーじ しこうどくほん。     (天山出版)。

紹介と感想など

この本を買ったのは、もう30年程、前のようですが、引越しの準備のため、本を整理している時に見つけ、 ちょっと中身を見たら、興味をそそる内容が書かれていたので、読んでみることにしました。 読み終えて感じたのは、今まで、モヤモヤしてよく分らなかった心の中の動きが、明らかになったことです。 それは、人が何かを考えている時には、必ず過去の経験によって記憶したイメージをもとに、さまざまなことを決めている、ということです。 この本の著者も次のように書いています。「私たちはイメージを使って考えている」、 「人は何をするときにも、イメージを使って行動している」と。イメージがどのようなものかを知ることは、少し難しいかもしれませんが、 イメージは、必ず、考えや行動の原動力になっていることは確かです。   [総ページ数=254]

印象に残った言葉

大脳生理学。    視覚イメージ。    聴覚イメージ。    味覚。    臭覚。    触覚。    右脳。    左脳。    無念無想。    座禅。    湯川秀樹。    残像。    集中力。    リラックス。    完全呼吸法。    大脳停止法。    只管打坐。    イメージトレーニング。   

著者の紹介

品川 嘉也(しながわ よしや)。
1932年、愛媛県松山市に生まれる。京都大学医学部卒業。
1983年より、日本医科大学教授となる。専攻は生理学。
1992年、逝去。


スポンサードリンク

アマゾンの本

検索・ イメージ思考





音吉読書録
035←[036]

このページは音吉が読んだ本の記録と紹介です。