●子は三界の首枷

読み(ひらがな)

こはさんがいの くびかせ。

意味

親にとって、子供は、過去から現在、未来にいたるまで、長きに渡って、自由をしばられてしまう ということのたとえ。

解説

親が子供を思う気持ちは、一生つきることのない、束縛(そくばく)のようであり、 強いつながりがあるという意味でもあると思う。また、同時に逃れられない苦悩でもあるかもしれない。

重要語の意味

三界=「さんがい」と読み、過去、現在、未来の3つの世界。  首枷=「くびかせ」と読み、昔、罪人の首にはめて、自由に動けないようにした刑具、又、比ゆ的に自由を奪うものにも使われる。  束縛=「そくばく」と読み、しばられ自由がきかないようす。

いわれ(歴史)と重要度

江戸いろはがるた。 毛吹草(けふきぐさ)。   重要度=☆☆☆   超古風

スポンサードリンク

花を贈るなら日比谷花壇


[01]→02