●親に似ぬ子は鬼子

読み(ひらがな)

おやに にぬこは おにご。

意味

子供は、親に似るものだから、親に似ない悪い子は、人間の子ではなく、鬼の子である、ということ。

解説

このことわざは、子供の言葉使いや態度などが悪い場合に、親が子供に対して、 しかる時に使った言葉ではないかと思われます。子供は、親に似るのが普通で、特に、 子供が悪い子にならなければ、むしろ幸せであるという意味もあるのではないかと思われます。

重要語の意味

親=子を産み、その子を育てて、やしなっていく人。父や母。子を持つ者。  似ぬ子=「にぬこ」と読み、似ていない子供。  鬼子=「おにご」と読み、@親に似ない子供。A鬼から生まれたような乱暴な 子供。「おにっこ」ともいう。  乱暴=「らんぼう」と読み、言葉や態度が、あらあらしいこと。 

いわれ(歴史)と重要度

狂言・二千石(じせんせき)。  滑稽本・浮世風呂。  毛吹草(けふきぐさ)。    重要度=☆☆☆   

スポンサードリンク

何でも揃ってる


05←[06]→07


【ネットで買い物】
ネットショップのやり方を簡単に説明