●親馬鹿子馬鹿

読み(ひらがな)

おやばか こばか。

意味

傍(はた)から見た時の、親の愚かさと子供の愚かさを言ったことば。

解説

近くにいる他人から見た時、ある親が、常識とは、ちがったことを言ったりしたりすることを見て言うことばのようです。 親は、子供のかわいいところばかりを見て、子供の愚かさに気がつかず溺愛してしまい、 子供は、その親の愛情があたりまえだと思って、まちがったことを平気でしてしまう、ということのようです。 いっしょに生活する時間が長い家族では、一般社会とは、ちがった常識のようなものが出来てしまうのかもしれません。 「親馬鹿ちゃんりん」とも言うようです。

重要語の意味

親=「おや」と読み、男女が結婚して子供を生む又は持つことによって成立するもの。子を育て養う人。  馬鹿=「ばか」と読み、@道理や常識からはずれていること。Aあることにとらわれるため常識に欠けること。  子=「こ」と読み、親から生まれた人。養い育てられる人。子供(こども)。  傍=「はた」と読み、ある人のまわり。ある人の近く。近くにいる他人。  愚かさ=「おろかさ」と読み、考えが足りないようす。ばか。  常識=「じょうしき」と読み、一般の社会で多くの人たちにみとめられている知識や判断力。  溺愛=「できあい」と読み、愛におぼれること。かわいいという感情が高まり理性に欠けた愛情をそそぐこと。  愛情=「あいじょう」と読み、人を大切に思うあたたかな心。  平気=「へいき」と読み、悪いことがあっても気にとめずにいること。  家族=「かぞく」と読み、夫婦関係から生まれる子や兄弟などを含めた社会生活の基本となる小さな集団。 

いわれ(歴史)と重要度

浮世風呂(うきよぶろ)。   重要度=☆☆☆   

スポンサードリンク


19←[20]


.