●挨拶は時の氏神

読み(ひらがな)

あいさつは ときのうじがみ。

意味

けんかや争いごとの最中に、その争いごとの中間に入って、仲直りをしてくれる人が現れたら、 その人の忠告や助言に従うのがいいということ。

解説

けんかをしているときに、だれかが、その間に入って、争いをやめるように言ってくれる人は、 祖先の神様のように、とても尊いものだということ。

重要語の意味

挨拶=けんかの間に入って、その争いをやめさせること。他の主な意味として、人と会った時や別れる時に交わす言葉や動作。  氏神=その土地に初めて入った祖先(氏の祖先)のこと。 

いわれ(歴史)と重要度

不明。   重要度=☆☆☆

スポンサードリンク

本の紹介

挨拶
[01]