●罪を憎んで人を憎まず

読み(ひらがな)

つみを にくんで ひとを にくまず。

意味

人が犯した罪は憎むべきであるが、その罪を犯した人を憎んではいけない、という教え。

解説

人が罪を犯す理由には、そのような悪い結果になってしまうまでに、 それなりの事情があり、人そのものを憎むべきではなく、その罪に至るまでの 心の中で生まれていった悪い思いを憎むべきである、ということのようです。 昔は、「その罪を悪んでその人を悪まず(そのつみをにくんでそのひとをにくまず)」 と言っていたようです。この句は、孔子の言葉として語られていたようです。

重要語の意味

罪=「つみ」と読み、道徳、宗教、法律上で、やってはいけない悪い行い。  憎む=「にくむ」と読み、いやだと思い嫌いになる。にくいと思い 害を与えたくなる。「悪む」とも書く。  犯す=「おかす」と読み、法律などのきまりをやぶる。  事情=「じじょう」と読み、ある出来事などが、そのような結果となった理由や因果関係。 

いわれ(歴史)と重要度

孔叢子(くぞうし)・刑論。    重要度=☆☆☆

スポンサードリンク

憎む
[01]