●芸は道によって賢し

読み(ひらがな)

げいは みちによって かしこし。

意味

長い期間、あることを専門にやっている人は、そのことに関して、かなり詳しかったり、 やり方などが、とても上手である、というたとえ。

解説

ある程度の時間をかけて、ある一つのことを習ったり、経験したりすると、普通の人以上に、 そのことを詳しく知っていたり、そのことを上手にこなす、という事のようです。 この句は、どちらかというと、「仕事」の分類にも入るかもしれませんので、趣味と仕事は、 関連性があるのかもしれません。

重要語の意味

芸=長い時間をかけて、ある一つのことを専門に習って身につけたわざ(技術)。  道=あることを専門としている方法や技術など。専門技術。  賢し=「かしこし」と読み、何かをする場合に、とても要領よくやったり、専門の 技術や知識を持っていること。

いわれ(歴史)と重要度

中国、後漢の王充(おうじゅう)の書、論衡(ろんこう)。   重要度=☆☆☆

スポンサードリンク

日比谷花壇 フラワーギフト 夏 サマーギフト2008 いちご イチゴ 苺


02←[03]→04