●多芸は無芸

読み(ひらがな)

たげいは むげい。

意味

たくさんの学問や特技などを持っている人は、1つの専門を奥深く習っていないので、 結局、才能が、何もないことと同じであるということ。

解説

いろいろなことを習っていると、それほど奥深く踏み入れる事がなく、 どれもが、中途半端になってしまい、逆に、特技や芸が全くないのと同じであるということのようです。

重要語の意味

芸=習って身に付ける特別に自信があり、技術的に上手なものなど。わざ。  専門=1つだけの学問や、仕事などを、研究したり、より深く技術をみがいたりすること。  中途半端=完成がされていない状態。物事を始めてはいるが、最後まで完全に終わっていない状態。

いわれ(歴史)と重要度

不明   重要度=☆☆☆

スポンサードリンク


01←[02]→03