●能なしの口叩き

読み(ひらがな)

のうなしの くちたたき。

意味

本当の実力がない人ほど、よけいなことをよくしゃべり、口で言うことだけが 上手なことを言ったことば。

解説

口だけが上手に動き、よくしゃべるのと比較して、実行力がほとんどなく、実力がない人のことを言っているようです。 同じ意味の別の言い方として、「能なし犬の高吠え(のうなしいぬのたかぼえ)」という句もあるようです。 また、反対の句として、「能ある鷹は爪を隠す」という句があるようです。

重要語の意味

能=ある事を、確実にやりとげる力があること。  叩き=@続けて打つ。Aよくしゃべる。たくさんのことを言う。  実力=身分や立場とは関係なく、本当の力を持っていること。能力や 才能が優れているいること。 

いわれ(歴史)と重要度

北条氏直時分諺留(ほうじょううじなおじぶんことわざとめ)。   重要度=☆☆☆

スポンサードリンク


01←[02]


.