●宝の持ち腐れ

読み(ひらがな)

たからの もちぐされ。

意味

役に立つものを持っていても、その使い方がよく分からずに、 ただ持っているだけで、全く利用しないことのたとえ。

解説

宝のように素晴らしい物を持っていても、その宝を腐らせてしなうような ことをしている、ということから、生まれたようです。 たとえば、すごくいいパソコンを買っても、ほとんど使わずに、ただ、 部屋の机の上に置いてある、というようなことでしょうか?。 又この句は、人の才能や、経験などで得られた技術や技能などを、 役に立てず、むだにしている場合のたとえにも使われるようです。

重要語の意味

宝=めずらしくて、とても大切なもの。  持ち=何かを持っていたり、才能や技能などがあること。  腐れ=「くされ」と読み、くさっていること。 @食べ物などが、だめになること。A人の心が元気を失い、だめになること。 

いわれ(歴史)と重要度

不明。   重要度=☆☆☆

スポンサードリンク

本の紹介

NLPの本


[01]


.