●下手な鉄砲も数撃てば当たる

読み(ひらがな)

へたなてっぽうも かずうてば あたる。

意味

何度も同じことを、数多くやっていれば、そのうち、まぐれで成功することもあるというたとえ。

解説

鉄砲を、うつことが、下手な人でも、何発も数多く、うっていれば、まぐれで、まとに当たる こともあるということから生まれた句。一度だけ、失敗したぐらいで、あきらめることなく、 一つのことを長く続けて、やっていくことの大切さを言っているようです。音吉の場合は、 「下手な鉄砲数撃ちゃ当たる」といいます。

重要語の意味

下手=あることを、うまくやれないこと。劣っていること。  鉄砲=火薬の爆発力などを利用して、鉄の丸いかたまりを発射する道具(兵器)。  数=同じ物がたくさんあること。  撃つ=「うつ」と読み、鉄砲のたまを、発射する。  当たる=ねらった通りに、たまがまとに、ぶつかる。 

いわれ(歴史)と重要度

西洋のことわざ。   重要度=☆☆☆

スポンサードリンク

下手
01←[02]→03


.