●習うは一生

読み(ひらがな)

ならうは いっしょう。

意味

新しいことを知り、身につけていくために、人は、一生を通して、 常に学び続けなければならい、ということ。

解説

人が、一生の間に、知識として身につけられる量には、限りがあり、全てのことを、 知りつくすことは、不可能に使いと考えられます。昔から伝わる書物、これから先、 常に、変化し、新しくなっていくことなど、あらゆる面での知識の習得は、一生 かかっても、学びつくせるものではありません。人は、死ぬまで、勉強していく覚悟を 持たなければならない、ということを言っているのだと思います。実際、音吉も、 知らない事だらけで、本を読んだり、インターネットなどで、いろいろなことを、教えられます。

重要語の意味

習う=人から教えてもらったり、本を読んだりして、何かを知ること。  一生=生まれてから死ぬまでの間。生涯。  習得=「しゅうとく」と読み、いろんなことを、習って、身につけること。 

いわれ(歴史)と重要度

不明。   重要度=☆☆☆

スポンサードリンク

本の紹介

習う
01←[02]→03


.