●学問に王道なし

読み(ひらがな)

がくもんに おうどうなし。

意味

いずれかのことを知って、知識を得るためには、基礎から一つずつ学び、積み重ねて 努力しなければならない。たとえ、王様であっても、簡単に知識を得る方法などは、ないという教え。

解説

この句は、西洋の古いことわざのようです。紀元前300年ごろの、エジプトの王様(トレミー)は、 空間の図形を研究する学問(幾何学)を学んでいたようですが、その学問を教えていた、ユークリッドという数学者に、 「簡単に学ぶ方法はないのか」と訪ねたとき、ユークリッドが「幾何学に王道なし」と答えたことに由来している ようです。この句は、他の事にも当てはまるかもしれませんが、自分で、この世界の真理を学ぼうとするには、 王様や、庶民の区別はなく、みんな、等しく、同じように努力をしなければ、学問を得る事はできないという ことを言っている、と思います。

重要語の意味

学問=何かのことについて、分からない事を学び、知識として得ること。  王道=王様にだけ許された、努力しないで、簡単に学ぶ事ができる方法。  幾何学=平面や空間(立体)の図形を研究する学問。数学の一つ。 

いわれ(歴史)と重要度

ユークリッドの故事 [There is no royal road to learning.]。   重要度=☆☆☆

スポンサードリンク

関連コラム棚

ユークリッド幾何学

ユークリッドという数学者は、紀元前300年ごろの人で、 平面(二次元的)に関する点や線、面などの図形に関する公理(一般的に当てはまる理論や原理) を唱えた人のようで、特に、平行線に関する公理が、この幾何学の特長のようです。 ユークリッド幾何学の公理の中に、次のようなものがあるようです。

「平面上に描く事ができる1点、A、と、その同じ平面上で、点Aを通らない線、 Lという直線を描き、この線、Lと交わらない、点Aを通る線は、1本だけ描くことができる」 というもののようです。下図参照。

上の図に描かれる線が、「平行線の公理」と呼ぶようですが、この幾何学を否定したものが、 「非ユークリッド幾何学」と呼ぶようで、「リーマン幾何学」は、 空間(三次元を基本にした図形)の球面上に、何かを描く事を前提にした幾何学のようです。 リーマン幾何学は、アイシュタインの一般相対性理論に応用されているようです。

学問
[01]

本の紹介

ことわざ辞典

【気軽に本を読む】