●縁の下の力持ち

読み(ひらがな)

えんのしたの ちからもち。

意味

あまり目立たないで、人の役に立っていることや、そういう人のたとえ。

解説

いくら、力があっても、縁の下にいては、あまり認められないが、本当はすごい力持ち であるということから生まれた句。あまり世の中には知られていないけれど、人々の生活に必要となることをしたり、ものなどを作り、 影にかくれて苦労し努力をしている人たちのたとえ、と思います。 世の中、結構こう言う人たちのおかげで、成り立っているのかもしれません。

重要語の意味

縁の下=日本の家の作りで、座敷の外側に作った板の間(廊下のような長い板)の下の空間。 床の下のこと。  力持ち=力があり能力がすぐれていることや人。  目立つ=世の中の人たちに知られる。人目につく。  役に立つ=何かをするとき必要となる。 

いわれ(歴史)と重要度

京都いろはがるた   重要度=☆☆☆

スポンサードリンク

本の紹介

縁の下
[01]

【気軽に本を読む】