●縁は異なもの

読み(ひらがな)

えんは いなもの。

意味

男と女の出会いや結びつきの原因は、どこでどうなって生まれるか予測がつかない、 とても不思議なものだということ。

解説

男と女の出会いは、不思議なものでもあるが、とても奥深く、味のあるものだということ。 「縁は異なもの味なもの」ともいう。

重要語の意味

縁=結果として何かを生じさせる原因となるもの。めぐり合わせ。人と人とのつながり。  異=他と比べて違っていること。不思議なようす。

いわれ(歴史)と重要度

江戸いろはがるた   重要度=☆☆☆

スポンサードリンク

e87.com(株式会社千趣会イイハナ)


[01]→02