●夜の錦

読み(ひらがな)

よるのにしき。

意味

役に立たない、むだなことや、期待はずれで、がっかりすることのたとえ。

解説

真っ暗な夜の中を、美しく作られた織物の着物を着て歩いても、だれも気づいてくれない、 ということから生まれたようです。大勢の人の考え方などが、一方に、かたよっていると、 せっかくの良いものも、認められず、むだなものになってしまうという意味もあるようです。 「闇夜の錦(やみよのにしき)」とも言うようです。

重要語の意味

夜=太陽が沈んで、月も出ていない、真っ暗なよるのこと。  錦=「にしき」と読み、@複雑で美しい模様をした織物。A美しく立派な着物。  無名抄=「むみょうしょう」と読み、「方丈記」で有名な、鎌倉時代の歌人、 鴨長明(かものちょうめい)の書いた書物。和歌の作り方などが書いてある。 

いわれ(歴史)と重要度

鴨長明(かものちょうめい)が著した「無名抄(むみょうしょう)」にこの言葉が載っている。  毛吹草(けふきぐさ)。    重要度=☆☆☆

スポンサードリンク


02←[03]→04