●閻魔の色事

読み(ひらがな)

えんまの いろごと。

意味

調和がとれなくて、バランスの悪いことのたとえ。

解説

えんまさんは、とても恐ろしくて、近寄れないような王さまなので、恋愛などとは、全く似合わないために このような句がうまれたようです。

重要語の意味

閻魔=「えんま」と読み、地獄に落ちた人を、どの地獄に行くのかを決める想像上の王さま。  色事=恋愛。男と女の肉体的な愛情や行為。  地獄=生きている間、悪いことをした者が、死後、その報いとして、苦しい所へ行かなくてはならない。 えんま大王が生前の罪の重さを裁き、熱い苦しみや寒い苦しみなどの罰を与える空想上の場所。

いわれ(歴史)と重要度

大阪(中京)いろはがるた   重要度=☆☆   超古風

スポンサードリンク

えんま
[01]