●勝って兜の緒を締めよ

読み(ひらがな)

かってかぶとの おをしめよ。

意味

戦いに勝っても、安心して気をゆるめず、気持ちを引き締めてやれという戒めの言葉。 又、言いかえると、仕事などの物事が、思うように進んでいる時にも、引き続き、 注意してやってゆけという戒め。

解説

兜は、昔、武士が、戦いのときに使った、頭にかぶる防護用のかぶりもので、 戦いに勝ち終わっても、兜を脱ぐことなく、兜の緒を締めなおして、用心深く、 気を引き締めていろといういましめから生まれた句のようです。

重要語の意味

兜=「かぶと」と読み、昔、武士が、戦いのときに頭にかぶった保護用の帽子のようなもの。 鉄で作られ、頭から落ちないように、あごのあたりで、しばる為のひも(緒)が付いている。  緒=「お」と読み、兜に付いている細長いひも、これをあごのあたりで、しばって兜を固定する。  締める=ひもなどを、結んで、ゆるまないようにすること。気持ちのゆるみを正す。

いわれ(歴史)と重要度

荀子(じゅんし)、儒効編(じゅこうへん)。 易経(えききょう)、繋辞下伝(けいじかでん)。  小牧御陣記。   重要度=☆☆☆

スポンサードリンク

本の紹介

5年後に勝ち組

兜の緒
[01]

かぶと

【儒教の荀子】

【儒教の易経】