●塵も積もれば山となる

読み(ひらがな)

ちりもつもれば やまとなる。

意味

チリのような小さなものでも、こつこつと積み重ねていけば、山のようになるということ。

解説

どんなに小さなことでも、こつこつと、積み重ねていけば、とても大きなものになる。 毎日の1つ1つの小さな行為も長年かかって実行すれば、結果として経験や、成果となって、 現れてくるのだと思う。

重要語の意味

塵=「ちり」と読み、土や砂など小さな粒上になって空中に飛び散るもの。つまらないもの。ほんの少し。  積もる=小さなものが、重なって大きなものになる。 

いわれ(歴史)と重要度

江戸いろはがるた。 北条氏直時分諺留。 前漢末、劉向撰述の書、説苑(ぜいえん)。   重要度=☆☆☆

スポンサードリンク

本の紹介

積み重ね
[01]

【気軽に本を読む】