●負けるが勝ち

読み(ひらがな)

まけるが かち。

意味

時と場合によっては、あえて、相手との争いをさけて、負けたことにしておいたほうが、 結果として、こちらのほうが有利になり、勝ちに結びつく場合もあるということ。

解説

誰かと争う場合には、何か一つのことだけを対象にする場合は、少なく、いろいろな面があり、 部分的には負けていても、全体としては、こちらのほうが有利である場合もあり、何もかも全てに、 争いをしかける必要は、ないのでしょう。そして、自分の長所を最大限、利用して、負けるところは、 きっぱり負けて、相手に一歩ゆずり、勝つときは、しっかり勝つという意味なのでしょうか。

重要語の意味

負ける=相手の力の強さに対抗できなく、相手に従い、がまんする。  勝ち=相手に勝つこと。相手の力より強くて、能力が優れていること。 

いわれ(歴史)と重要度

江戸いろはがるた   重要度=☆☆☆

スポンサードリンク

本の紹介

勝負
[01]

【気軽に本を読む】