●楽あれば苦あり

読み(ひらがな)

らくあれば くあり。

意味

楽しく、らくをして、怠けた生活をしていると、後で、苦しいことがやってくるから、 毎日をまじめに、しっかりやったほうが、いいですよ、といういましめの言葉。

解説

らくをすると、必ず後で、苦しいことがあり、楽しいことばかりが、長く続くわけではないということと、 苦しいことがあれば、いつかは、楽しいことも、やってくるという励ましの意味もあるようです。 楽しく順調に物事が進んでいる人にとっては、いましめの言葉として、逆に、苦しく、つらい立場の 人にとっては、なぐさめの言葉になると思います。この句の後に、「苦あれば楽あり」と続く場合も あるようです。

重要語の意味

楽=生きていく上での、苦労や心配事がなく、らくを感じていること。  苦=生きていく上での、苦労や悩み、心配事があり、苦しく感じていること。 

いわれ(歴史)と重要度

江戸いろはがるた。   重要度=☆☆☆

スポンサードリンク

本の紹介

苦あれば楽あり


[01]→02

【気軽に本を読む】