●正直の頭に神宿る

読み(ひらがな)

しょうじきの こうべに かみやどる。

意味

正直な人には、必ず神や天の、助けがあるという教え。

解説

このことわざは、正直の大切さを言った教えのようですが、どんな場合でも、正直さを続けていく ことの難しさは、あるかもしれません。そのまま訳すと、「正直者のあたまに神が住む」となり、 正直であれば必ず神の加護があるという意味です。また、英語にも正直を言ったことわざがあり、 それは、「Honesty is the best policy.」で、「正直は最も良い方法である」 という意味になります。

重要語の意味

正直=「しょうじき」と読み、うそやごまかし隠し事などをしないこと。 心が常に正しく素直なこと。  頭=「こうべ」と読み、あたま。首から上の部分。  神=「かみ」と読み、宗教の対象となるもので、目に見えず、 超自然的なちからが、人間に、わざわいや幸せを与えると考えられているもの。  宿る=「やどる」と読み、@住む。Aある場所にとどまる。  加護=「かご」と読み、神仏などの力が加わって守ること。 

いわれ(歴史)と重要度

詩経(しきょう)。  十訓抄(じゅっくんしょう)。  義経記(ぎけいき)。  鷹筑波。    重要度=☆☆☆   

スポンサードリンク

何でも揃ってる

正直
01←[02]→03


【ネットで買い物】
ネットショップのやり方を簡単に説明