●正直者が馬鹿を見る

読み(ひらがな)

しょうじきものが ばかをみる。

意味

正直な人は、規則や法律などを、よく守るので、物事が思うようにいかず 不自由をしたりして、損をすることが多い、というたとえ。

解説

世の中の矛盾をいった言葉で、これに似たことわざに、 「正直貧乏、横着栄耀(しょうじきびんぼう、おうちゃくえよう)」という 言葉があります。意味は、「正直な人ほど貧乏をしてしまい、押しが強く、 ずるがしこい人ほど栄える」となるようです。

重要語の意味

正直者=うそやごまかしがなく正しくふるまう人。  馬鹿=役に立たないこと。損。  見る=身に受ける。経験する。  矛盾=「むじゅん」と読み、物事が理想通りにいかないこと。 物事の道理が正しくないこと。  横着=「おうちゃく」と読み、押しが強く遠慮をしないこと。なまけること。  栄耀=「えよう」と読み、たいへん栄えること。ぜいたくをすること。 「えいよう」とも読む。 

いわれ(歴史)と重要度

不明。    重要度=☆☆☆   

スポンサードリンク

正直
[01]→02


.