●一寸の虫にも五分の魂

読み(ひらがな)

いっすんのむしにも ごぶのたましい。

意味

小さく弱そうに見えるものにも、それなりの考えがあり、思っていることをやり通そうとする 強い気持ちがあるものだから、そういうものの力を軽く見て、ばかにしてはいけないということ。

解説

体の大きさ、わずかに、3センチメートル程の小さな虫にも、その半分の大きさ程の、 何かをしようとする気力や、精神力は、必ずあるはずだ、ということから生まれた句。 この世に生まれてきたからには、それなりの、与えられた何かがあるという意味もあるのかもしれません。 この句は、自分を軽く見ている相手などに、自分の意地や、やる気を示す場合に、使われることが多いようです。 弱い人間にとっては、こころ強い、ことばです。

重要語の意味

一寸=約3センチメートル。小さいことのたとえ。「寸」は長さの単位。  虫=ある生き物の全てを呼ぶ言い方、主には昆虫のこと。  五分=一寸の半分の長さ、約1.5センチメートル。  魂=この世に生命を受けたものが、必ず持ち合わせると考えられている、 何かをやろうとする精神的な力。  意地=自分が、考えている事などを、完成させようとする強い心。 

いわれ(歴史)と重要度

近松門左衛門「天智天皇」。   重要度=☆☆☆   

スポンサードリンク

本の紹介

(魂を生きる階段)


[01]→02

【気軽に本を読む】