●芸は身を助ける

読み(ひらがな)

げいは みをたすける。

意味

趣味で身に付けた芸(特技など)があれば、時には、生計の助けになったり、意外な時に、役立つ場合が あるということ。

解説

趣味で覚えた特技などが、生計の役に立つというのは、大げさかもしれないが、何かの役に立つ ことはあると思います。逆に、「芸は身の仇」という句もあるようですので、過信は禁物でしょうか。

重要語の意味

芸=習って身に付ける特技など。わざ。  身=からだ。自分。その人の立場。  助ける=困っている時などに、その物事がうまくいくように力を加える。  生計=生活をしていく方法。

いわれ(歴史)と重要度

江戸いろはがるた。 西鶴置土産(さいかくおきみやげ)。   重要度=☆☆☆

スポンサードリンク


[01]→02


ブックオフオンライン