●女心と秋の空

読み(ひらがな)

おんなごころと あきのそら。

意味

女性が異性に対して抱く愛情は、秋の空がよく変わるように、熱くなったり、さめたり しやすいというたとえ。

解説

この句と同類の句に、「男心と秋の空」という、言い方もあるようなので、 男も女も、異性に対する愛情が、いかに熱しやすく、さめやすいかを、言っているように感じます。 又、「女の心は猫の目」という句もあり、これは、女性の心が、夜に光る猫の目のように、変わりやすい ことをたとえているようです。

重要語の意味

女心=@女性に、だけしかない、複雑そうな難しい心。A女性が男性を恋しく思う気持ち。  秋の空=秋の頃の空模様は、曇ったり、晴れたり天気が変わりやすいことから、 人の心が変わりやすいことをたとえる言葉。 

いわれ(歴史)と重要度

不明。   重要度=☆☆

スポンサードリンク

本の紹介

女心
[01]

【気軽に本を読む】