●夜道に日は暮れぬ

読み(ひらがな)

よみちに ひはくれぬ。

意味

日が暮れて、夜になってしまったら、あわてることはなく、時間を気にしないで、 ゆっくり、やろうよということ。

解説

昔は、街灯などはなく、太陽が沈んで日が暮れてしまえば、昼間のように思うように ならなかった為、日が暮れることを、とても気にしたのではないかと考えられます。 夜になり、もう遅くなってしまったときは、あわてて夜道を帰ることはないので、 のんびりとやるしかないという意味から生まれたようです。遅くなったときなどに、 じっくりと腰を落ち着かせるように、すすめたりする時に使うようです。

重要語の意味

夜道=夜の暗い道を歩くこと。また、夜の暗い道。  日=太陽。  暮れぬ=暮れることはない。  暮れる=太陽が西の空に沈んで、あたりが暗くなること。 

いわれ(歴史)と重要度

不明。   重要度=☆☆☆   

スポンサードリンク

夜道
[01]


.