●易者 身の上知らず

読み(ひらがな)

えきしゃ みのうえ しらず。

意味

他人のことにについては、いろいろ批判できるが、自分のことについては、何も分からないことのたとえ。

解説

易者(占う人)が他人のことを、いろいろ占って、人生の方向性を出せても、自分についての運命を 占うことができないことから生まれた句。他人を、どうこう言うよりも自分のことを正しく見ることの 大切さを言っているのかもしれません。かるたでは「陰陽師身の上知らず」(おんようじみのうえしらず)といいます。

重要語の意味

易者=中国に古くから伝わる陰(−)と陽(+)の八卦によって物事の吉凶を判断する人。  身の上=人の置かれている境遇や運命。  境遇=生きている時の環境。  運命=人が生きていく上で受け取る不思議な力のようなもの。

いわれ(歴史)と重要度

大阪(中京)いろはがるた。 韓非子。   重要度=☆☆☆

スポンサードリンク

易者
[01]