●若い時は二度ない

読み(ひらがな)

わかいときは にどない。

意味

若い時は、2度と戻ってこないのだから、四季の毎日を、無駄に過ごしてはいけないという教訓。

解説

原文は「若き時は二度なきに、四時にわたり、風雅の面白き光陰を只に送る事、心ふとくあさましき也」 のようです。これを音吉風に、言い換えてみますと、「春夏秋冬の中で、美しい自然が移り変わっていく、 その素晴らしい月日を、何の感動もなく、普通に生活しては、とても、もったいなく、情けないことだ」 と、解釈しました。原文の作者は、室町時代の、伊勢貞親(いせさだちか)という 足利義政に仕えた武士のようです。

重要語の意味

若い=年齢が、それほど、多くない。30歳くらいより若い人?。  二度=再び、2回。  四時=「しじ」と読み、四季、春夏秋冬。  風雅=「ふうが」と読み、@詩や歌を読むときの分類の呼び名。 A上品で、美しいこと。  面白き=「おもしろき」と読み、美しい景色に心がひかれる。興味がある。  光陰=「こういん」と読み、月日。  只=「だだ」と読み、ふつうに。  あさましい=考えが浅くて、情けない。 

いわれ(歴史)と重要度

大阪(中京)いろはがるた。伊勢貞親(いせさだちか)の「伊勢貞親教訓」。 江戸初期、竹斎物語(ちくさいものがたり)。 中国古典、文選(もんぜん)。    重要度=☆   

スポンサードリンク

本の紹介

四季を楽しむ

若い
[01]

【気軽に本を読む】