●冬来たりなば春遠からじ

読み(ひらがな)

ふゆきたりなば はるとおからじ。

意味

今は不幸であるけれど、それを耐え忍べば、やがて幸せは、きっとやってくる、 ということのたとえ。

解説

このことわざは、イギリスの詩人、シェリーという人の「西風に寄せる歌」という中の 最後の一節、「If winter comes, can spring be far behind ?」、を訳したもののようです。 寒くて厳しい冬がやって来たなら、やがて明るく暖かな春が必ずやってくる、という 意味から生まれたようです。

重要語の意味

冬=季節の一つ。気温が低く最も寒い時期。  来たりなば=来たならば。  春=冬の次ぎに来る季節。暖かくなり草や木の花が咲き始める。  遠からじ=遠くはない。すぐ近くである。  シェリー=Percy Bysshe shelley。イギリスの叙情詩人。 ロマン派の代表者。「Ode to the West Wind」という「西風に寄せる歌」が有名。[1792-1822] 

いわれ(歴史)と重要度

イギリスの詩人シェリーの詩の一節。    重要度=☆☆☆   

スポンサードリンク


[01]

【本を読もう】
1日1ページをコツコツ読む方法