●喜怒哀楽

読み(ひらがな)

きどあいらく

意味

人が表情としてあらわす代表的な四つの感情のこと。「よろこび」、「いかり」、「かなしみ」、「たのしみ」。

解説

人は、その時々や場合により、笑ったり、おこったり、涙したり、何かに夢中になり楽しんだりと、 たくさんの感情を持っているということ。この4つの感情は、誰でも多かれ少なかれ、常に持っているもので、 それを4つの言葉で、わかりやすく表した句なので、音吉は、この言葉が好きです。

重要語の意味

喜怒=喜びと怒りの感情。喜は、よろこぶこと、怒は、いかりやおこったりすること。相反する言葉の組み合わせ。  哀楽=悲しみと楽しみ、哀は、あわれむこと、楽は、たのしむこと。相反する言葉の組み合わせ。

いわれ(歴史)と重要度

中庸(ちゅうよう)・一章   重要度=☆☆

スポンサードリンク

関連コラム棚

中庸

中庸とは、中国の古い書物の一つで、作者は、紀元前400年ごろの孔子の孫、 子思(しし)と伝えられているようですが、実際は、もう少し後に書かれた書物のようです。 この書物には、どちらにも偏らないで、偽りの心を持たない、宇宙(天)と人間との間にある 道理(理念)のようなものをあらわした書物のようです。 この書の始め、一章目に出てくるのが、「喜怒哀楽」で、人間の持つ感情の全て (喜怒哀楽)がこの世界に現れる前の状態のことを「中」と呼んでいるようです。 この「中」は宇宙原理の根本をさすもので、最も基本的な原理のことを指すようです。

中庸
【Amazon】

喜怒哀楽

【儒教の大学・中庸】