●親が親なら子も子

読み(ひらがな)

おやが おやなら こもこ。

意味

親と、その子供は、争えないもので、よく似るということ。

解説

親と子供は、常に生活を一緒にしているので、とても親しい関係になり、子供が、親に似る という意味ではないかと、考えられます。この句は、あまり良い事には用いず、 親が、だめなら、子もだめというように、悪いほうに、用いるようです。 句を直接、解釈してみると、「親が親として、そのようであるならば、子も同じような子である」 となると思います。

重要語の意味

親=子を産み、その子を育てて、やしなっていく人。父や母。子を持つ者。  なら=そのようで、あるならば。  子=親から、生まれてきた人。子供。養子も含まれる。年齢にかかわらず、 親と子とのつながりとしてある子。   も=前の句と同じものを、あげるときに使う語。  争えない=否定することができない。全くそのとおりである。「あらそわれない」。  

いわれ(歴史)と重要度

不明。   重要度=☆☆   超古風。

スポンサードリンク


03←[04]→05