●鬼に金棒

読み(ひらがな)

おにに かなぼう。

意味

なにも持たなくても、強いものが、さらに強さを加え、最も強くなることのたとえ。

解説

鬼は何も持たなくても十分に強いのに、鉄の棒を持つことにより、さらに強く無敵となり、 その強さを確実なものにすることから生まれた句。

重要語の意味

鬼=想像上の生き物、人に似ているが頭に角と、口にキバを持ち、筋肉質でいかにも強そうな生き物。  金棒=「かなぼう」と読み、鉄で作ってある棒。「鉄棒」とも書く。 

いわれ(歴史)と重要度

江戸いろはがるた。 吾吟我集(ごぎんわがしゅう)。 毛吹草(けふきぐさ)。   重要度=☆☆☆

スポンサードリンク


[01]→02