●温故知新

読み(ひらがな)

おんこちしん

意味

昔から言い伝わる事柄などを、よく理解して、今までにない新しい事柄などを考え出すこと。

解説

この句は、論語で有名な、孔子が、先生として必要となる条件を述べたもので、古いことをわきまえて、 新しいことを見い出していけるならば、師としての資格が備わっているということを言った句。 読み下すと「古きをたずねて、新しきを知る」となります。

重要語の意味

温故=以前に習った事柄を、復習したり考えたりすること。(ふるきをあたためる)。  知新=新しい事柄や道理を知ること。  知る=理解して、自分のものにする。

いわれ(歴史)と重要度

論語・為政第二。   重要度=☆☆☆

スポンサードリンク

本の紹介

温故知新

本の紹介

旧暦ライフ温故知新

【儒教の論語】