●六祖壇経   

読みと(出版社)

ろくそ だんきょう。     (たちばな出版)。

紹介と感想など

禅宗は、達磨大師に始まり、恵可、僧さん、道信、弘忍、そして 恵能へと受け継がれていきました。六祖壇経は、6番目の禅師・恵能の 説法を弟子の法海が記録したもので、後の世に書き写された多くの 記録が残っているようです。つまり、この六祖恵能の説法が広く世の中で 読まれるようになり、中国では、多くの禅僧が生まれ禅が盛んになっていったということです。 説法は、韶州(しょうしゅう)の大梵寺という所で行われたようです。 恵能の生きた時代は、638年から713年です。 六祖恵能の師である弘忍の弟子として北宗禅の神秀(じんしゅう)という 僧がいて、北宗禅に対して、南宗禅の恵能が法を受け継いだということです。 禅語で有名な、「見性成仏」は、この経の中で生まれた言葉だと思います。 また、自性という語も多く使われています。本の構成は、漢文、読み下し文、 現代語訳、注釈となっています。   [総ページ数=367]

印象に残った言葉

連続的に無数の生滅をくり返し(34)    生死事大(34)    本来無一物(55)    命、懸絲に似たり(60)    以心伝心(61)    一行三昧(83)    正教に頓漸なし(91)    外一切善悪の境界に於て(112)    内自性を見て(112)    戒香、定香、慧香(116)    四弘誓願(126)    一念一念(140)    自己の本性に目ざめることができるのだ(140)    見性(161)    見性(167)    見性成仏(187)    念念無間(196)    家に在ってもよろしい(209)    菩提は自性に本づく(213)    宗旨のかなめ(257)    三科の法門(257)    自己の本性の座を離れてはならぬ(257)    蘊処界(267)    汝等の自心是れ仏なり(294)    自性を悟って世尊を見ん(295)    一切万法は自性の中を離れずして現ずるなり(306)    自性によって起こる(342)   

著者の紹介

中川 孝(なかがわ たか)。
1907年、石川県に生まれる。   
原文である漢文は、中国で伝わった法海の記録が伝承したもの。 (興聖寺本)


スポンサードリンク

アマゾンの本



音吉読書録
043←[044]

このページは音吉が読んだ本の記録と紹介です。

.