●念には念を入れよ

読み(ひらがな)

ねんには ねんをいれよ。

意味

十分に注意しても、まだ何か手落ちがあるだろうから、さらに細かく気を配って注意せよということ。

解説

仕事でも何でも、十分に注意したつもりでも、何か手落ちがあるかもしれないから、さらに細かく 注意すべき、特に慎重にならなければならないときに使う。

重要語の意味

念=手落ちがないように細かなところにもよく気をつけること。思い。考え。  入れる=用いる。使う。

いわれ(歴史)と重要度

江戸いろはがるた。 中国古典、淮南子(えなんじ)。   重要度=☆☆☆

スポンサードリンク

本の紹介


[01]

【気軽に本を読む】