●万物流転

読み(ひらがな)

ばんぶつるてん

意味

この世の全てのものは、常に居場所を変えて、流れ移り変わっていく。

解説

物が燃えれば、火と、けむりになり、空中へただよっていき、食べ物は、私たちの体の中へ入っていって、 体の一部となるように、全てのものは、常に場所を変えて、移り変わっていくという意味。

重要語の意味

万物=この宇宙や地球上に存在する全てのもの。  流転=場所をひとところにせず、移り変わっていくこと。

いわれ(歴史)と重要度

不明。   重要度=☆☆☆

スポンサードリンク

関連コラム棚

動的平衡状態
私たちが、生きていくには、食物を食べなければなりませんが、 この食物は、食べることによって、体の中に吸収されます。 良くご存知のように、消化された食物は、体に栄養素として 吸収され、ある一部の栄養素は、体の一部として、体内の 細胞の形成に大きく関わり、体の一部になると考えられます。 要するに、分子レベルで、体の構成物質が入れ替わり、体は、 常に、動的平衡状態を保ちつつ、生命の流れの中で、分子となる物質が 体を構成する細胞内のパーツとして入れ替わるということのようです。 つまり、体の中の物質が食物によって常に入れ替わっているということのようです。 この考え方を明らかにしたのが、「シェーンハイマー」です。

万物流転

本の紹介

動的平衡

【気軽に本を読む】